FC2ブログ

クロヅル

1月28日

昨年の末から鶴居村のタンチョウの集団の中にクロヅルがいるとの情報があり、
まだ、居るのかな?と思い…見に行ってきました。


いました。いました。
クロヅルです。
2018012801.jpg

ここ来る人達は皆、タンチョウを観察、撮影に来ている人がほとんどですから、
このクロヅルに注目する人はいませんでした。

2018012802.jpg

皆さん右方向にレンズを向けているのに…
私だけ、左方向に小さく黒ずんだ小さなツルを写していたのが、とても違和感がありました。
…でも、気にせず撮る自分。

2018012806.jpg

個人的には…
なかなか、この時期の日中は
白いタンチョウを撮影する気は
あまりないのですね。

撮影するとすれば…冷え込んだ早朝か
求愛ダンスの見られる時期がいいと思うのが…
私の良くも悪くも固定観念になってしまっている。

ので、今回はタンチョウの画像は割愛させて頂きます。
2018012804.jpg
私にとってこの黒ずんだツルさんが気になって
しょうがなかっただけなのです。

まぁ、見られてよかったです。

後は飛翔姿を撮影できたら何も言うことはないのですが…。
…と、過去の自分に有りがちな不平不満や期待は…今はないです。


話をクロヅルに戻すと…
頭部のデザインはタンチョウに似て
瞳の虹彩と胴体の色と大きさ以外違うところがないので、
タンチョウの中にいても別の鳥だと気付きにくいのは確かですね。



▼励みなりますのでお願いします。
 
にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村
ありがとうございました。
スポンサーサイト



テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

沼地のヤマセミ

8月7日

車一台がようやく通れるような
暗い林の細道を進んで行くと
開けた沼のある場所に出られました。
その沼近くの空地に車を止めます…が、

その時、
沢山のアブたちが車の窓ガラスに襲撃してきて
その打つかる音が激しかった。

一瞬、外に出るのを躊躇いましたが…
車の中は熱いし…外は半袖姿は危険な様子。

このままアブが去っていくのを待つのは時間の無駄と思い…

ジャンパーを羽織り、ドアをあけ
すかさず虫避けスプレーを身体中に振りかけると
ウソのようにアブ達は私には関心がなく
車にだけ興味ありそうな振る舞いをする。
そのうち何処かへ消えてしまったようです。

少し、拍子抜けしましたが、
その後、さっそうとその沼周辺に近づくと、
水面上を飛んてゆく白い鳥の姿が目に入ってきた。

以前から地図を見ては気になっていた場所でしたが、
何となく、何か居そうな予感がありました。


そこで…直射日光の当たらない木陰にデジスコを設置し、迷彩ネットを被せ
しばらく、その場でじっと立っていると…キジバトが近くの木に止まりました。
でも、迷彩ネットの関係上そちらへデジスコを向けられないので無視することに…。

「もう二度と姿を見せないのか…(;д;)」と諦めそうになったとき…
彼は沼地の奥の林から私のいる近くの木より数十メートル横側の宙まで飛んできて、
一度旋回して…コチラの様子を偵察して行くと
沼の中間部にあたる前方50m程先の木の枝に止まってくれました。

木陰で逆光気味ですが、何とか撮影できる距離です。

その正体は…
▼ヤマセミさんでした。
2016080700.jpg

私の麦わら帽子が目立つせいか…
私の存在を気にかけているようです。
(私の身体の大部分は迷彩ネットで見えないハズ…)

しばらく、その場でコチラの様子を伺っているようでした。
2016080712.jpg

私もジッと動かないで居たのでヤマさんも少し気を許したのかな…
お腹を木の枝にのせ…目を細めたり…眠たそうな様子を見せ始めていました。

2016080711.jpg

そのうち…同じ体勢が暫く続いたにのち、
私が喉を潤すため車に一旦戻ったとき、その隙に彼も何処へと姿を消しました。

トゲトゲの大きな頭、小さな足。
ヤマセミって愛嬌のあるキャラですね。
益々、好きになってしまいました。(^∇^)

撮影機材:KOWA TSN-774+TE-11WZ+LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6+PANASONIC LUMIX DMC-GM1SK+他

▼励みなりますのでお願いします。
 
にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村
ありがとうございました。

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

雪裡川のタンチョウ

今年の冬は何故か?
近所にやってくる小鳥が少ない。来てくれない。
何も撮れていない。(T_T)
デジスコの出番は、しばらくないのかな…。
とブログの更新が難しい…という状況に陥っています。

であれば…自宅から30分程車で移動すれば…
今時期、必ず会える鳥さん
道東が唯一世界に誇れる鳥さんと言っても過言ではない
タンチョウさんにお手伝い願うしかありませんね〜。

大型の鳥さんとなれば…一眼レフ中心になりますけど。
この度、これまで所有していた一眼デジカメと交換レンズ数本を下取りに出し…
野鳥撮影に定評のある新しい一眼カメラと望遠レンズを一新しました。

ただ…タンチョウ、一眼レフとなると素晴らしい作品を撮られる方々は沢山いますので、
負け惜しみに聞こえるかもしれませんが…
人を感動させる作品を撮りましょう
…とか、そんな意気込みなどは全くなく、
ただ純粋に撮影を楽しもう…というスタンスで臨みたいと思うのです。

その試し撮りを兼ねて
タンチョウの塒となっている雪裡川にかかる音羽橋に来てみました。
2016011701.jpg

冷え込んだ早朝であれば…幻想的な写真が撮れる可能性があるのですが…。
あいにく、昼近くですので…魅力は半減以下。

2016011702.jpg

でも、まだ川でのんびりしているタンチョウさんがいましたので。
頭上を越えて行くタンチョウを撮影する事ができる。

2016011706.jpg

2016011703.jpg

最近は、タンチョウの観察地の定番である
鶴見台、伊藤タンチョウサンクチュアリには
以前のようにタンチョウが沢山集まる事は少ないようですね。

このように移動途中の道路沿いの農地に集まったりしています。
2016011705.jpg
(知らず知らず絞りのダイヤルに触ってしまい。絞り過ぎで背景が煩くなってしまいました。(×_×))

みんな、向けられるカメラのレンズに嫌気がさしたのかな?(^_^;)


撮影機材:EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM+CANON EOS7D MarkⅡ


▼励みなりますのでお願いします。
 
にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村
ありがとうございました。

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

キジバトの羽干し

7月6日 
霧から逃れるように海岸での撮影から山の方へ
宛のない鳥見ドライブ。
(主に電柱や電線に止まっている鳥を探しながら走ります。)
※交通量の多いところでは後続車に迷惑かけたりして危険なのでお奨めしません。

でも・・・ね。
なかなか、いませんね。(^_^;)

途中、天気雨のように雨つぶがパラパラと降ってきました。
鶴居の音羽橋の駐車場で車の中から雨が止むのを待っていると・・・。

ちょうど、雨がやんだ頃に
近くの電線に何かが飛んできました。


▼見てみるとキジバトさんでした。
20130706_12.jpg
一見、ホッソリして見えたので他の鳥かと思いました。

キジバトは見かける割には、
物理的、時間的に近ずける状態ではなかったり、逃げられたりと
個人的には撮影に至る事はあまりなかったのですね。

20130706_13.jpg

雨に濡れたせいか?
鵜のようにシャンとはしていませんが、
羽を日干ししていました。
20130706_14.jpg

鳩類もよくよく見ると様々な色があってキレイだと思います。

20130706_15.jpg
いろいろ、ポーズをとってくれましたが・・・
これが、一番ハトらしい姿かな?
と思ってみたりして楽しんでみましたけど。

ただ、電線止まりが果たして野鳥写真として如何なものか?
と思われるふしがあるので・・・。
電線止まりの連発はつらいところですね。(^_^;)

確かに絵としてみれば面白味がないのは確かですが・・・、
やはり見慣れない野鳥がいたら、電線だろうが、人工物だろうが、
撮ってしまうのが自分も含め
一般素人の性分ではないでしょうか?




撮影機材:KOWA TSN-774+TE-17W+CANON PowerShotS100+他


▼励みなりますのでお願いします。
 
にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村
ありがとうございました。

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

山菜の里にて2013-その2

6月23日

山菜の里と言っても、私的にはアチラコチラにあるのですが、
ここは以前・・・2年前の事ですが、
鶴居村の幌呂でノゴマに出会った場所です。

小さなムシクイちゃん
20130623_01.jpg
私の近くの木々に2羽ほどやってきました。その1羽です。

私が初めてセンダイムシクイを見た頃は、北海道にこんな小さな鳥もいるのか?(O_O)
などと、驚いたものでした。

ほかにもミソサザイやキクイタダキ等ように、
さらに小さい野鳥がいるという事など、
その頃はまだ知る由もなく、知りませんでした。

スコープを覗く限りでは実感はないのですが、
肉眼で見ると改めて認識させられる。

20130623_02.jpg

緑の葉に被われた木の中から最下位の枝まで下りてきて
私の事を興味あり気に様子を窺いつつ、しばらく居てくれました。

小さい鳥ほど、人間に対して警戒心が少ないのかな〜?
と、いつも感じてはいますけど・・・。

それ程の近距離で
お互い観察しあう状況の中で、どちらが観察者なのかな?
と思われる妙な感覚がしました。

きっと、人間は野鳥たちに観察されているのかも知れないな〜。
「飛べない人間って不便な生き物だな。」
なんて思っているのかも・・・(^0^;)

ちなみに画像はデジスコでは近すぎたので、少々離れてから撮影したものです。

撮影機材:KOWA TSN-774+TE-17W+CANON PowerShotS100+他


▼励みなりますのでお願いします。
 
にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村
ありがとうございました。

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

nobirdy

Author:nobirdy
デジスコやデジ一眼で道東の野鳥や自然を撮影しながら週末を楽しんでいます。♂

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード