FC2ブログ

浜中町にて part 2

霧多布岬のキャンプ場からの帰り道、

途中、バーダーの間では有名な
ある民宿の近くの雑木林と道路の電線の間を
行き来していたハギマシコの集団を見つけ、
しばらく、観察とデジスコ撮影に勤しんでみました。

◎ハギマシコさん
20130210_14.jpgデジスコ撮影)

特に警戒することもなく
時々、近くの枝に来て留まってくれます。

ちょうど、昼過ぎであったため
逆光状態での撮影となってしまいましたが、
運任せで、何とか撮影する事ができました。

20130210_08.jpgデジスコ撮影)
程良い近さでしたが、ズーム用接眼レンズだったため久々のドアップ。

その後、岬の反対側へ移動して鳥探ししていると、
ホバっている方がいました。
20130210_09.jpgデジスコ撮影)
デジスコではここまで。

降下したあと、姿を消しましたが、
その後、移動しながら探していると、

◎ケアシノスリさんが留まっている?
20130210_12.jpg(デジ一眼撮影)
ならば、デジスコで撮りたい。
と思い用意した途端、飛び立たれてしまい。意気消沈。(;_;)

それから、彼(彼女)の姿を見つけては追いかけましたが、
海岸近く崖の斜面近くを飛ぶのがお気に入りのようで、
なかなか、近づけないですね。(T.T)

駐車場近くで撮影したのが、最後。
20130210_11.jpg(デジ一眼撮影)

夏の浜中なら何度か来ることはありましたが、冬はあまりなかったなぁ・・
冬でも色々、楽しめる場所ですね。(^_^)

他の確認種、
●岬へ向かうヒヨドリ1羽。
●遊歩道の崖で餌をついばむハギマシコ2羽。
●駐車場の電柱に留まるノスリ1羽。
●所々土が見える雪原で餌探しするツグミ1羽
それと忘れてはならないカラスとスズメ数羽。

〈撮影機材:KOWA TSN-774+TE-10Z+CANON IXY3000IS+他(デジスコ)、
SIGMA APO50-500mmF4.5-6.3 +CANON EOS7D(一眼)〉

▼励みなりますのでお願いします。
 
にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村
ありがとうございました。

スポンサーサイト



テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

浜中町にて part 1

2月10日 釧路の朝方は薄曇り

仕事も忙しい時期になり、
職場ではパソコンのモニターと睨めっこの作業なので
残業の時間帯になると年のせいか?目がショボショボに。(T.T)
自宅でのブログ更新も辛く感じるのであります。

それと最近の鳥見鳥撮も納得がいかないものばかりで、
なんとなく、パソコン作業から気持ちが離れてしまっていました。\(_ _ )
今なお継続中・・・。

でも・・・
たまたま「道東の野鳥情報ブログ」を見る機会があり、
浜中町の情報が気になり
行ってみました。

さて・・・久々ですが・・・
まず、ある沼へ寄ってみましたが、目的の鳥さんは発見できず・・・。

近くにいたハクチョウさん、カワアイサさん、カモメさんの3ショットのみ。
20130210_18.jpg(デジスコ撮影)
その他確認種、ホオジロガモ、スズガモ、トビ、オオワシ、オジロワシ
よく探せば他にも誰か居たのかも知れませんが、
広い沼のあちらこちらに水鳥たちは散らばっていて
くまなく探すには時間と体力が足りない。

よってその場を後に・・・。

その後、海岸線を注意しながら、霧多布港へ

着いてみるとカモメやスズガモとホオジロガモが多い中、
遠くで羽繕いをする見慣れない鳥が1羽いました。

◎コオリガモさんでした。
20130210_01.jpg(デジスコ撮影)
リラックスしているのかな?
愛嬌のあるポーズを見せてくれました。
20130210_03.jpg(デジスコ撮影)
ただ雌が見えなかった事と、少々遠かったので
ピントがイマイチだったのが残念。(v_v)

次に向かったのが、霧多布岬。
着いて、防寒重装備で灯台のある先端部へ向かう途中・・・

◎オオワシさん発見。でも遠い〜。(×_×)
20130210_00.jpg(一眼で500mm撮影)

まだ完全な成鳥ではないようですね。
20130210_16.jpg(デジスコ撮影)

海面を見ると数羽のシノリガモと多数のクロガモがいました。
クロガモがメスをめぐって争っているのか?
水上でオスがオスを追い回す姿が見れました。

でも、岬から見おろすカモさんは小さいw。(;_;)

しばらく海面を眺めているとオオワシが根室方面に向かって飛行。
20130210_15.jpg
(一眼で撮影)

「何か?海鳥はいないかな?」と
岬の先にある岩の上を見ると「あっ!エトピリカがいる。」
20130210_30.jpg(一眼)
と思いきや、
今や、鳥見鳥撮ブログの風物となっているエトピリカのデコイでした。
20130210_07.jpg(デジスコ)
「あんなところにどうやって、登って設置したのだろう?」
などと思ったりしましたが・・・。(^o^)

そこを去ろうとして海面に目を移すと、
何か動く黒い物体発見!?\(◎o◎)/!

◎ラッコさんでした。
20130210_19.jpg
(一眼)

あの「クーちゃん」では?
と思っても判別はできないし・・・ね。
・・・それはどうでもいい事。

「コニャニャチワ〜!のタリラリラ〜ン」
20130210_17.jpg(デジスコ)

何やら気持ちよさそうに、プカプカと浮かんでいました。
20130210_20.jpg
(デジスコ)

顔を一所懸命洗っているような仕草を幾度となく
繰り返していて・・・
まるで、湯船につかっているよう。

そんな可愛らしい姿に見入って
しばらく、和んでしまいました。(^。^)


ラッコさんは
世界的には保護の対象になっていて、
無闇に排除はできないという事になっているんだね。(・o・)

でも、漁業関係者の方にとってはウニの食害など迷惑な害獣ラッコさん。
・・・ではあるけれど、

この資本主義の経済社会においては
自然の中で生きる動物たちと人間が共存していくのは
難しい事なのでしょう。

経済発展第一という思考が自然や動物、
いや・・・人間自らを破壊していると考えるのは
私だけでしょうかね? (v_v)

経済発展の最盛期はもう過ぎているハズだし、
過去の栄光をもう一度とはいきません。
それなのに、経済界や政治家の方はまだまだ切望する。

その末路には何が待っているのだろうか?
今現在、TVを賑わす事件、事故、事象の大半はその具現ではないだろうか?
(例として福島の原発問題、中国のmp何とやら?などなど)
それを思うと不安だらけですね。(__;)

まあ、怖がってもしょうがないのですけどね。(^_^;


ただ、撮影を通して野生生物に接するようになってからは
自然界に生きるすべての生物が愛おしく思えるというか・・・、
すべての生命は、大げさに言うと・・・
同じ地球上に生きる兄弟姉妹家族のようなもの。
そんなふうに感じられるようになりましたね。
(かつて、私が好きだった漫画家の手塚治虫氏が晩年の著書の中で
語っていた事を思いだしました。)


これは人間的に成長した証なのでしょうか?
それとも、本来備わっている野生に目覚めたのかな?
わかりません??。

野生の生物と出会った時は、
ただ感じるだけ、感じるままでいいと思うのです。
五感で自然を感じ、心の内に沸き起こる喜びを感じる。
その時、心はカラッポになり、
自然との一体感を感じられるようです。

な〜んて、偉そうに哲学者気どりで語ってしまいましたね。
アヒャ、失礼しました。(*^_^*)

そんな事を考えながら・・・
その後、駐車場までの帰り道に
20130210_1.jpg
ハクセキレイのカップルなのか?2羽見かけ、
「春は近いのかな?」と感じられる場面にも一寸だけ出会えました。


〈撮影機材:KOWA TSN-774+TE-10Z+CANON IXY3000IS+他(デジスコ)、
SIGMA APO50-500mmF4.5-6.3 +CANON EOS7D(一眼)〉

▼励みなりますのでお願いします。
 
にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村
ありがとうございました。

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

nobirdy

Author:nobirdy
デジスコやデジ一眼で道東の野鳥や自然を撮影しながら週末を楽しんでいます。♂

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード