FC2ブログ

釧路湿原展望台の下にて

5月3日(月)晴れ

相変わらず風が強いです。

折角のゴールデンウィークでも遠くへ出かける予定もないまま過ごすいつもの休日ですが
撮影に行こうか、止めようか迷ったあげく
午後から、青空に惹かれて出てきてしまいました。

この日はあまり人と出会う機会の少ない鶴居軌道跡の探勝歩道入り口へ向かいました。
釧路湿原展望台の下の探勝歩道近くまで車を走らせ、車の止められそうな場所に車を止めてまわりの様子をみると
柳の木にシマエナガが3羽やってきたところを目撃しました。しかし逆光で、しかも撮影条件はよくなさそうなので、デジスコ撮影は諦める事にしました。

探勝歩道へ入ることができる湿原道路のカーブ地点から道路脇下の柳の上にて
昨年のデジスコ初撮りと同じ時期、同じ場所の柳の木の枝で見かけた同種の鳥さんでしたけど、ハシブトガラさん2羽に出会う事ができました。ヒョッとしたら、昨年出会った同じ個体かも知れませんね?。また会えたとしたなら、確率的にスゴイ事だと思いますが、「そんな事ないか~?」。なーんて、そんな事を思い描きながらデジスコを向けていました。

相変わらす、ハシガラさんは人が近くにいても気にしないようです。
最近、出会う機会がいちばん多いのもハシガラさんです。

それにしても、枝が風に揺れてなかなかシャッターが押せませんでした。
風の弱まった時を見計らって撮らせてもらったのがコレです。

▼ハシブトガラさん
ハシブトガラ
KOWA TSN-774+TE-10Z+CANON IXY-DIGITAL3000IS SS:1/200 f4.0 ISO80
少し枝が被っているようです。

その奥の低木にオオジュリン♀らしき姿がありました。何とか撮れそうな位置でしたので
▼オオジュリンさん
オオジュリン♀
KOWA TSN-774+TE-10Z+CANON IXY-DIGITAL3000IS SS:1/250 f4.0 +0.67 ISO80


今年も昨年と同じ場所でまた、ノビタキさんたちに出会う事が出来ました。しかし、あまり近寄らせてもらえませんでした。
巣作り前のノビさんは姿を眩ますことが多いのでしょうか、こちらが少しでも近寄る素振りを見せると枯れ草の中へと姿を消します。という具合なのでノビタキさんは遠くからの撮影となりましたが、スコープ側でピントをピッタリ合わせたつもりですが、カメラ側のオートフォーカスが狂うような感じがしてイマイチしっくりピントが合いません。

▼ノビタキさん♂
ノビタキ
▼ノビタキさん♀
ノビタキ♀
あまり載せたくはなかったのですが・・・証拠として掲載しました。
案の定、撮った撮像もすべてモヤっとした画像でしたので少しシャープをかけています。

ノビタキさんが姿を消したあと、
道を挟んで反対側の山の木々のてっぺんに鳥影を発見!
昨年は見ることの出来なかったビンズイさんでした。
▼ビンズイさん
ビンズイ
KOWA TSN-774+TE-17W+CANON IXY-DIGITAL3000IS SS:1/250 f4.5 +0.67 ISO80
ビンズイさんも50メートル位距離があったでしょうか?その後すぐに飛び去って行きました。

今日は一番撮影機会の多かったのはノビタキさんですが、イマイチ良く撮れなかった事が反省点です。
それでも道東の夏で一番、探せば出会える可能性の高い鳥さんはノビタキさんなので、またの機会にちゃんと撮ることができればいいだろうと安易に考えている私ではあります。

こんな調子だから、いい写真が撮れないのでしょうね。


スポンサーサイト



テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

3週間ぶりにデジスコ

5月2日(日)晴れ 

相変わらず釧路は、強い風が毎日つづいています。
3週間ぶりに村田公園へ行ってきました。
ここに棲息するハシブトガラさんは人の手からエサをもらう事で地元の人たちの間では知られています。
今日はその真意を確かめようと私は思っています。

駐車場には数台の車がありました。連休とあって来園する人はいつもより多そうでした。
けれど人影はあまり見あたらない。おそらく山菜目当てに山の中に入っている様ですね。
今日もあのハシブトガラさんが出迎えてくれました。が、私は公園端にあるトイレへ行き生理的にスッキリさせて気分も新たに、裏の方にあるぬかるんだ泥道の奥へ行ってみました。

どうやら、私はアオジさんの美しい歌声にひかれていたようです。
最初はデジスコをセットしたところで気づかれてしまい逃げられました。
その後、奥の方へ行ってみましたが、さんには会えませんでした。その帰り道でまた、先程のアオジさんが囀ってくれました。

●アオジさん
アオジさん
KOWA TSN-774+TE-10Z+CANON IXY-DIGITAL3000IS SS:1/125 f4.0 ISO80

アオジ
KOWA TSN-774+TE-10Z+CANON IXY-DIGITAL3000IS SS:1/125 f4.0 ISO80

ピント合わせはバッチリだったのですが、
やはり足場も不安定なゆえに更に風が強かったせいか、100枚近く撮影した中、きれいに撮れてたのは3~4枚くらいしかありませんでした。(>_<)

その後、私はあのハシブトガラさんのもとへ赴き、持参して来たヒマワリの種を差し出しました。
しかし、受け取りには来ませんでした。そうしているうちに後から、ある家族連れがやってきていたので、少し先の方へ進む事にしました。離れた場所からその一家をこっそり見ていたら、その中の長老の人が掌を上の方へ差し出していました。するとあのハシブトガラさんが手に留まっていたではないですか。

「なぜ?何故なんだ!?何故、差別をするのだハシブトガラさんよ?」その時、私は嫉妬心が沸々とわいてくるのを感じていました。

しかし、ここは冷静に対処することにして・・・視線を下に向け
自分の手を見ると「あああっ、そうか!!!」ひらめきました。私は指先のない黒い手袋をしていたのです。
「この手袋をしたままでヒマワリの種を差し出していたから?、君は躊躇っていたんだね。よし!・・・今度こそは大丈夫だろう!」

その後、その家族が私の視界から消えるのを見計らって再びあの場所へゆき、再度トライしてみました。
そして私は素手でヒマワリの種を掌へ置き、ハシブトさんが近くの枝に姿を現した時に手を少し高く上げました。するとハシブトガラさんは私の手に乗り素早くヒマワリの種一つ咥え飛び去っていきました。

「しまった、証拠写真を撮るの忘れてしもうた。」

ハシブトガラさんの戻った先は、木の幹に開いていた巣穴でした。巣穴から何かを運び出しているようでした。何やら忙しそうに何度も往復していました。巣作りなのか、子育てなのか、見素人の私にはわかりません。

そういう訳なので、今日のところはこの辺で彼の気を引くことはやめておく事にしました。

今日のテーマですが、やはりここのハシブトガラさんが人の手にのり、人から餌をもらう噂は本当の事でしたね。

あの小さな足の感触の余韻に浸りたい・・・そんなひとときでした。


テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

nobirdy

Author:nobirdy
デジスコやデジ一眼で道東の野鳥や自然を撮影しながら週末を楽しんでいます。♂

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード