FC2ブログ

ある日のシマセンニュウさん

7月25日(日)
大楽毛海岸にて

「ん~、エサっ、エサはどこだい!?」
20100725_1.jpg
KOWA TSN-774+TE-10Z+CANON IXY-DIGITAL3000IS

「どこかに、おいしそうなごちそうはないかな~?」
20100725_2.jpg
KOWA TSN-774+TE-10Z+CANON IXY-DIGITAL3000IS

「あ~疲れた、ひとやすみしよ~っと!」
20100725_4.jpg
KOWA TSN-774+TE-10Z+CANON IXY-DIGITAL3000IS

「なんだか、眠たくなってきたなぁ~・・・?」
20100725_5.jpg
KOWA TSN-774+TE-10Z+CANON IXY-DIGITAL3000IS

「こんな事している場合ではない!かわいい子供たちが待っているんだ。がんばろーっ!」
「よーし!ごちそうゲット!ゲット!」
20100725_6.jpg
KOWA TSN-774+TE-10Z+CANON IXY-DIGITAL3000IS

オーバーに表現するとこんな感じでしょうかね?
わかりませんけど・・・。
子育ての忙しさのせいか?お疲れ気味のシマセンニュウさんの生活を
垣間見たようなひとときでした。

●一本足のノゴマさん(実際は右足はあるのですが以前から痛めているようです。)
20100725_7.jpg
KOWA TSN-774+TE-10Z+CANON IXY-DIGITAL3000IS
「早く足が良くなるといいですね!」

スポンサーサイト



テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

新しいフィールドへ

7月19日(月・海の日)霧ときどき晴れ

またまた、夏場の私のメインフィールドとなっている大楽毛海岸です。
●二本足のノゴマさん
20100719_1.jpg
KOWA TSN-774+TE-10Z+CANON IXY-DIGITAL3000IS

ここのノゴマさんは2個体の♂がいるようです。
他の個体は右足が悪ようです。

20100719_2.jpg
KOWA TSN-774+TE-10Z+CANON IXY-DIGITAL3000IS
ここは霧のかかりやすい場所なので、ときどき、困った事になります。

それから自宅に戻ってから
自宅から300m程離れたJRの無人駅構内の空き地にノビタキがいるを昨年発見したので、
その後、行ってみる事にしました。

私の住む町内のS駅構内の空き地にて
●シマセンニュウさんがヒョッコリ顔を現してくれました。
20100719_3.jpg
KOWA TSN-774+TE-10Z+CANON IXY-DIGITAL3000IS

●同じ町内に住むパパノビさん
20100719_4.jpg
KOWA TSN-774+TE-10Z+CANON IXY-DIGITAL3000IS

こちらのノビさんは控えめです。
ただ起伏のない平らな場所なので、草の高さも平均的なのでノビさんは隠れてしまう事が多いのが難点です。

20100719_6.jpg
KOWA TSN-774+TE-10Z+CANON IXY-DIGITAL3000IS

●チビノビさん
20100719_5.jpg
KOWA TSN-774+TE-10Z+CANON IXY-DIGITAL3000IS

この場所は普段は人気はないので、存分デジスコに没頭できるのですが、草地の奥には鉄路があり、線路沿いには住宅が並んでいるので住宅の窓から私の存在がまともにわかってしまうような場所であります。あまり、うろうろ歩いていると挙動不審な人物に思われるので、スコープや双眼鏡は住宅に向けないようにしています。
(とは言っても、鳥の動きはコントロールできませんからね~・・・)

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ノビタキ一家

7月18日(日)

鶴居軌道跡探勝歩道にて
しばらく、来ないうちに入り口の葦や草類は私の身の丈を超えてしまっていました。足の踏み場も困るくらいに歩きづらい。この辺はダニの心配はいらないのですが、昨年は蚊に悩まされました。今年はあまり刺される事はなかったです。
通り道に入ったとたんに。ノビさんが私の侵入を阻むように地鳴き攻めにしました。
前回、来たときはスンナリと通らせてくれたというより...存在が確認できなかった程でした。

●ノビタキ♀さん
20100718_1a.jpg
KOWA TSN-774+TE-10Z+CANON IXY-DIGITAL3000IS

新しいカップルがこの辺に巣作りでもしたのでしょうか?

20100718_2a.jpg
KOWA TSN-774+TE-10Z+CANON IXY-DIGITAL3000IS

それともこの間のノビ子さんでしょうか?
私には判断できません。
かなり、近くまで来てくれたので、私としては嬉しいのですが、

20100718_33.jpg
KOWA TSN-774+TE-10Z+CANON IXY-DIGITAL3000IS

しばらく、モデルなってもらいました。感謝、感謝。

その後、道の奥に入って行き、前回お会いしたノビ子さんの家族のいる場所へ行ってみました。
ママ、パパノビの姿はありませんでしたが、子供たちの元気な姿を見せてくれました。どうやら3~4羽くらいいるようでした。

●ノビタキ幼
20100718_4a.jpg
KOWA TSN-774+TE-10Z+CANON IXY-DIGITAL3000IS

20100718_5a.jpg
KOWA TSN-774+TE-10Z+CANON IXY-DIGITAL3000IS

20100718_6a.jpg
KOWA TSN-774+TE-10Z+CANON IXY-DIGITAL3000IS

風に揺らめくピンク色に咲くホザキシモツケの奥の方で
20100718_8.jpg
KOWA TSN-774+TE-10Z+CANON IXY-DIGITAL3000IS

チビノビの近くの草場に赤いものが動くのを発見しました。
●ベニマシコさん
20100718_7.jpg
KOWA TSN-774+TE-10Z+CANON IXY-DIGITAL3000IS

少しの間だけ姿を見せてくれました。

帰り道にまた、先程のノビ子さん。
20100718_9.jpg
KOWA TSN-774+TE-10Z+CANON IXY-DIGITAL3000IS

KOWA TSN-774+TE-10Z+CANON IXY-DIGITAL3000IS
20100718_10.jpg
KOWA TSN-774+TE-10Z+CANON IXY-DIGITAL3000IS

最後に「ホー、ホケキョ」と囀りだけはするが、姿はなかなか見せぬウグイスの姿をはじめて捉える事ができました。モロ、逆光でした。撮影時-1の露出でさらに画像処理で明るくしてありますが、輪郭がすでに白飛びしてしまいました。残念! (>_<)
20100718_11.jpg
KOWA TSN-774+TE-10Z+CANON IXY-DIGITAL3000IS

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ノビタキ幼鳥、シマセンニュウ、ノゴマ

7月17日(土)くもり

大楽毛海岸にて
先週はノゴマさんに集中してしまいましたので、今日はチビノビちゃんを集中的に撮ろうと思い、やってきました。
近くでパパノビが見守っている中、さっそく姿を見せてくれました。

20100717_1.jpg
KOWA TSN-774+TE-10Z+CANON IXY-DIGITAL3000IS

ちょっと距離がありましたけど・・・
「花の上にとまれ!」と私は念じていました。

20100717_2.jpg
KOWA TSN-774+TE-10Z+CANON IXY-DIGITAL3000IS

けんど、やはり、花の上には止まってくれないき(;_;)

20100717_3.jpg
KOWA TSN-774+TE-10Z+CANON IXY-DIGITAL3000IS

しばらくして、チビノビちゃんは姿を見せなくなりました。

その頃、ヒョッコリ茎や枝の間から地鳴きとともに子育て中のシマセンニュウさんでしょうか?
こちらの様子を窺いながらチョロチョロ動いていました。
20100717_4.jpg
KOWA TSN-774+TE-10Z+CANON IXY-DIGITAL3000IS

20100717_5.jpg
KOWA TSN-774+TE-10Z+CANON IXY-DIGITAL3000IS

このシマセンニュウさんにはなぜか、親しみを感じます。ときどき頭を出してみたりして、こちらを意識しているのは間違いない様なので、好奇心の強い個体のようです。

次にお相手してくれたのは

20100717_6.jpg
KOWA TSN-774+TE-10Z+CANON IXY-DIGITAL3000IS

ノゴマくんでした。

口を開けると
口の中が真っ黒けのけ!江戸時代以前の女性特有の化粧法であるお歯黒をつけている様でしたね。

20100717_8.jpg
KOWA TSN-774+TE-10Z+CANON IXY-DIGITAL3000IS

黒い眼、黒い眼先、黒い嘴、黒い口内と
写真に納めるのはちょっと難しいですね。特に逆光状態だとなおさらです。

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

やっとノゴマさんに会えました。

7月11日(日)

1週間ぶりの大楽毛海岸です。

相変わらずノビさんもお子さんといっしょに戯れていました。

●ノビタキ成鳥♂
20100711_2.jpg
KOWA TSN-774+TE-17W+CANON IXY-DIGITAL3000IS

●ノビタキ幼鳥
20100711_3.jpg
KOWA TSN-774+TE-17W+CANON IXY-DIGITAL3000IS

●ノビタキ幼鳥
20100711_5.jpg
KOWA TSN-774+TE-17W+CANON IXY-DIGITAL3000IS

ノビタキの幼鳥を撮影していたころ、めずらしい珍客が訪れていました。ここでは初見のチュウサギさんです。木材の積み上げてある上から川の水面をしばらく見ていました。

●チュウサギさん
20100711_4.jpg
KOWA TSN-774+TE-17W+CANON IXY-DIGITAL3000IS

白いハイライト部分が飛んでしまいました。この様な時はやはり「デジスコでRAW撮影の連写ができたなら・・・」とないものねだりの願望が出てきてしまいます。
チュウサギさんもしばらくすると飛び去って行きました。

またノビタキの幼鳥に向かうところで、どこかで聞いたことのある声が聞こえてきました。
「こんな時に誰じゃ?」あたりを探しました。1度見回しても見つける事が出来ませんでした。
もう1度見渡すといた、いたではありませんか?私は自分の目を疑いました。
今年は無理かな?と思っていたこの場所でのノゴマさんとの出会いに。
とうとう、再会することができました。
気持ちが高ぶりうれしさのあまり、ほとんどブレブレ画像を連発していました。

昨年の悪夢が再びよぎっていきました。

●ノゴマさん
20100711_1.jpg
KOWA TSN-774+TE-17W+CANON IXY-DIGITAL3000IS

20100711_6.jpg
KOWA TSN-774+TE-17W+CANON IXY-DIGITAL3000IS

20100711_8.jpg
KOWA TSN-774+TE-17W+CANON IXY-DIGITAL3000IS
執拗にデジスコを向けていたので、睨まれてしまいました。

ノビタキの幼鳥狙いで来たのに結局、この日はノゴマさんに振り回されて終える事になりました。



テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

また、ノビタキさん

7月4日(日)

この日もやはり、ノビタキの巣立ち雛に会いたくて大楽毛海岸へ向かいました。
お花をバックに入れてみようと思いましたが、どうもしっくりしません。

20100704_1.jpg
KOWA TSN-774+TE-17W+CANON IXY-DIGITAL3000IS

20100704_2.jpg
KOWA TSN-774+TE-17W+CANON IXY-DIGITAL3000IS

枯れ枝に止まる事が多くて、なかなか夏らしい絵にはなりません。

20100704_6.jpg
KOWA TSN-774+TE-17W+CANON IXY-DIGITAL3000IS

やっと夏らしい絵になるかな?と思いきや

20100704_3.jpg
KOWA TSN-774+TE-17W+CANON IXY-DIGITAL3000IS

20100704_5.jpg
KOWA TSN-774+TE-17W+CANON IXY-DIGITAL3000IS

再び、枯れ木どまり

20100704_9.jpg
KOWA TSN-774+TE-17W+CANON IXY-DIGITAL3000IS

20100704_12.jpg
KOWA TSN-774+TE-17W+CANON IXY-DIGITAL3000IS

やっとノビタキの巣立ち雛に会える事ができました。
パパノビが雛のエサの面倒をみていました。

20100704_14.jpg
KOWA TSN-774+TE-17W+CANON IXY-DIGITAL3000IS


近所では他のノビタキさんカップルが海に向かってボイストレーニング?
20100704_7.jpg
KOWA TSN-774+TE-17W+CANON IXY-DIGITAL3000IS



テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ノビタキ

6月27日(日)晴れのちくもり

大楽毛海岸にて

私が草原の中の道を歩いて近づいてゆくと、ノビタキさんたちがあちらこちらで縄張り宣言をしていました。もう、そろそろ雛が巣立つ頃かな?
北海道のこの時期、名の知られた原生花園近辺には、エゾカンゾウやエゾスカシユリ、ヒオウギアヤメで賑わうのですが、残念ながらここには数える程しか咲いていません。そのかわりまだ時期は先になりますが、シシウドのようなセリ科の植物が多いのです。その枯れた木が彼らの一番の見張り台になっていました。
20100627_6.jpg
KOWA TSN-774+TE-17W+CANON IXY-DIGITAL3000IS

20100627_5.jpg
KOWA TSN-774+TE-17W+CANON IXY-DIGITAL3000IS

20100627_2.jpg
KOWA TSN-774+TE-17W+CANON IXY-DIGITAL3000IS

ノビちゃんの奥さんも負けずに私に向かって叫んでいました。
「あんた誰!?ここは私たちのスイートホームよ!こっちへ来ちゃダメ!あっちへ行きなさいよ!」と私には聞こえました。「そう嫌わすに仲良くしようよ~。」と私は内心思いながら自分の居場所を見つけられずにいました。

その割には私の近くに来てはモデルになってくれた、おすましノビ子さん
20100627_3.jpg
KOWA TSN-774+TE-17W+CANON IXY-DIGITAL3000IS

20100627_4.jpg
KOWA TSN-774+TE-17W+CANON IXY-DIGITAL3000IS
「ど~ぅ?私、プロポーションいいでしょ?」

20100627_7.jpg
KOWA TSN-774+TE-17W+CANON IXY-DIGITAL3000IS

いずれも位置的に目に星が入らなかったので黒目がつぶれ気味ですが。
久々にノビさんたちが近づいたりしていたので、きれいに撮ることができました。
花の咲いているところにはナカナカ止まってはくれなかったのが残念でした。

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

nobirdy

Author:nobirdy
デジスコやデジ一眼で道東の野鳥や自然を撮影しながら週末を楽しんでいます。♂

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード