FC2ブログ

鉄塔の猛禽

9月30日 
暗い曇り空、ときどき霧雨のような雨粒が降りそそぐような天気でした。

今日は十五夜という事もあり、夕方近くススキを取りにススキが原へ
といっても、前回シギ達に出会った場所近くですが、
ついでに鳥見も兼ねまして・・・

着いて海岸のほうを見ると
遠くでホバリングしている者がいました。
一度姿をくらましたか?と思っていると・・・

そのうち、沢山の小鳥たちがこちらに向かって飛んできたではありませんか?\(◎o◎)/!
その後を見るとハトのような鳥が追いかけてきました。

まさか?ハトが小鳥を追うような事はないよな〜と
その後、もどってきて近くの鉄塔の天辺に留まりました。

最初、ハヤブサかな?と思いましたが・・・
よくよく見るとチョウゲンボウでした。

あいにくの空模様で、鉄塔の天辺はかなり高い、黒つぶれの物体になってしまいそう・・・(>_<)
それでも撮っておきたいと思い撮ってみました。

◎チョウゲンボウ
20120930_01.jpg
(実際よりも明るくしてあります。)
きっと渡り途中の鳥たちを狙っていたのでしょう。

今年も所々で出会う機会がありそうな鳥さんですね。(^-^)


〈撮影機材:KOWA TSN-774+TE-17W+CANON PowerShotS100+他〉
▼励みなりますのでお願いします。
 
にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村
ありがとうございました。
スポンサーサイト



テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

旅立ち前のひととき

シラサギを見た後、
今年最後になるかも知れないと思い・・・
湿原のノビタキ達に会いに行きました。

着くと、相変わらず何処からとも無く現れて来てくれました。

やっぱり、うれしいですね。
来る度に姿を見せてくれるというのは・・・
 
◎換羽がすでに終えた雌ノビさんでしょうか?きれいです♡
20120923_11.jpg
この時期になると若ノビと雌ノビの区別が分からなくなる事があるのですが、
そんなときは若より親の方が早く換羽が終わるようだ・・・
という私自信勝手な判断基準を持っています。(^^)

そこから察すると
こちらはまだ、完全に終えていない今年生まれの若いノビさんですね。
20120923_14.jpg
ストレッチ開始!
20120923_15.jpg
長旅には準備が欠かせませんね。

こちらも、まだ換羽真っ盛りといった若ノビさん
20120923_16.jpg
換羽が終わらないうちに旅立つのでしょうか?
とにかく無事に旅立ってほしいものです。

「今年の夏は彼等とあまり遊んでやれなかったなぁ・・・」と
反省もありますが、しょうがないよな〜。

そんな気持ちなので、
まだ遊び足りないと思えるような・・・
短い夏でしたね。(T_T)

短いと言えば・・・
年々、時間が経つのが早まっているように感じる今日この頃です。
そう感じるのは歳のせいかな?と思いがちですが、
最近の老若男女問わず、そう感じているらしいですね〜。

〝時間は加速している〟

物理学者の中にはそのような説を唱えていた方がいましたが・・・
もしかしたら・・・本当の事かも知れませんね。(^_^)

それはともかく、ノビさんたちよ〜
来年の春までBye Bye (;_;)/!


〈撮影機材:KOWA TSN-774+TE-17W+CANON PowerShotS100+他〉
▼励みなりますのでお願いします。
 
にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村
ありがとうございました。

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

シラサギ

9月23日 晴れ

今日は2週間ぶりにカワセミと出会った場所に再び行ってみました。

着いてみると、貯水池にかかる古い橋近くの木の上にシラサギが \(◎o◎)/!
シラサギと言っても大・中・小とか色々あるのですが・・・

大きさからして冬装いのダイサギのようですね。
20120923_00.jpg
道東ではなかなか見られないダイサギですけど

なが〜い首は流石に長いです。(^o^)
20120923_04.jpg

首を襟巻きふうに巻き付けたり?とか
20120923_01.jpg

時折、意識しているのか?
変なポーズでこちらをチラッと見たり・・・と
20120923_05.jpg
ここでは長〜い首は持て余し気味のようです。(^。^)

私は以前からアオサギ以外のサギを観る機会が少なかった事もあり、
飾り羽の装いとか、獲物を狙う時のじっとしていて動きが少ないという事で
「オシャレで粋なお爺ちゃん」というイメージを勝手に抱いていたのですが・・・(^ニ^)

でも、サギ類独特のあの目つきの良し悪しは別として
シラサギの全体像の印象はちょっと違うかな・・・
もっと若々しくもあり、女性的な部分も感じられるようで、気品がありますね。

20120923_02.jpg

「自然の中にいるシラサギっていいなぁ・・・」と、
考えを改めました。(^_^;) (_ _ )/ハンセイ

それはともかく・・・

こうやって湿原をバックに
撮影することができてよかったです。

大自然に感謝、感謝。(^◇^)

〈撮影機材:KOWA TSN-774+TE-17W+CANON PowerShotS100+他〉
▼励みなりますのでお願いします。
 
にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村
ありがとうございました。

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

昼下がりのカワセミ

9月8日

先週、雪風さんからの情報が気になっていて
仕事が終わってから、
ついつい、その場所へ行ってみました。
以前から好きで年に数回は、その場所へ行っていた事もあるのですが、

そんなところにいるのかな?と思いつつも
最初、その池に着いた時はアオサギ以外発見できず、
しばらくその周りを歩き、周辺の風景でも撮りながら帰ろうとしていました。
そして土手の上に車を移動し反対側の水辺の様子を見ていた時・・・ (・o・)

貯水池の水面上近くを何か白いものが飛んでゆき、
移動する前にいた場所である池の反対側へと廻りこんで行ったので、
もしや、ヤマセミでは?と思いこんでしまい
また、戻ることに、(@_@;)

着いた時、ヤマセミらしき姿はどこにも確認できませんでした。
が、足音に驚いて逃げる輝く背中のブルーラインが見えました。\(◎o◎)/!

「やっぱ、いるんだ。」と確信することに。
それは「空飛ぶトルコ石」カワセミさんです。

であればこのまま帰る訳にはいきませんよね〜。(^_^;)
隠れて撮れそうな場所がありそうでないので、
さっそく、池のふちでデジスコを低い位置でセットし携帯用の椅子にすわり、
迷彩ネットを被りながら、再び姿を現すのをしばらく待ってみました。

水面には時々、元気のよい魚が波音を起てながら飛び跳ねていました。

その間、ここへ来る前に立ち寄った公園の池の事を思い出して、
春先に干上がっていた事もあり、今年は魚の姿が見えなかったなぁ・・・
それに比べたらここは、彼等の餌が豊富にありそうだ。

そんな事を考えていると・・・

するとどうでしょう。また、やって来てくれたではありませんか!\(^O^)/
◎カワセミさん
20120908_06.jpg

20120908_01.jpg

身体に比べて大きな頭、短かくて小さな足、人間だとマイナスのイメージですけど。
でも、鳥さんだと可愛いんだよね。
平坦な場所に止まっている時はお座りしているように見えて、
あたかもぬいぐるみを置いてあるようでした。
20120908_4.jpg

どうやら、最初2羽で来ていたようで・・・
親子なのか、つがいなのか?わかりませんけど、
1羽はどこかへ行ったきり、もどってきません。

20120908_02.jpg

その後この子もまた、どこかへと消えてゆきました。

こうやって、腰を据えて見たのは1年ぶりですが、
カワセミは何度見てもいいものですね。

今日も雪風さんに感謝です。ありがとうございました。

〈撮影機材:KOWA TSN-774+TE-10Z+CANON IXY3000IS+他〉
▼励みなりますのでお願いします。
 
にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村
ありがとうございました。

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ヤマのセミとゲラ

9月1日 薄曇り

今日はかねがね
「ヤマセミを間近に見てみたい、撮りたい」と思っていて
いつのまにか月日は経ってしまったのですが・・・
そこで、出会う確率が高いと思われる
阿寒国際ツルセンターへと行ってきました。

着いて、さっそく
ガイドさんに案内され、その奥にあるビオトープと呼ばれる森林の中へ
何が出てくるやら、私は少々緊張気味でした。(^_^;)

こちらのガイドさんは
ご当地情報人気ランキングの上位をずっとkeepされているブログのオーナーさんでもあり
タンチョウとオジロワシのバトルシーンなど決定的な写真を沢山撮られているので、
羨望の眼差しもあり、いつも参考にさせてもらっています。m(__)m
(いちブログファンですけど)

さて、木道へ入るなり、KARAさん(注:韓国のお姉さん達ではありません。)
の歓迎をうけましたが、
私は機材の準備もしていなかった事もあり、
距離が近い、動きが速い、で撮影は空振り、
デジスコではついていけませんでした。(T_T)

木道から途中外れて、けもの道のような場所へ入ってゆく
何となく、大げさに言うと川口探検隊気分ですね。(皆さん知らないかな?(^o^))
途中、小川の中を歩き、
そして草木が低く覆い被さる道を身をかがめながら
抜けてゆくと阿寒川を見渡せる開けた場所へと・・・。

ここがヤマセミの撮影ポイントだと言うことでしたが・・・
早くからここの常連さんである先客のカメラマンの方が来ていました。
やはりヤマセミは特別な存在ですね。

ここは崖の上で、崖壁にはツバメの巣穴がたくさんあり、
さらにツバメを狙ってキタキツネが掘ったらしい穴が上からポッカリ空いていて
少なからず危険な場所でもあるのです。(@_@;)

確かにガイドさんの誘導と注意点の説明なしで
自由に入って動きまわると痛い目に遭うかも・・・ですね。(^^)


この時、ヤマセミの姿はなかったので、
出会いの瞬間までトビさんを相手に撮影。
◎トビさん
20120901_01.jpg
ここのトビさんは愛想がよく?
挨拶替わりなのか?
気前良く「ピーヒョロロ〜」と何度も声をあげてくれました。
「近々、雨でも降るのかな?」と・・・。(^_^)


一旦、その場から離れてガイドさんとともに、川の近くの石が横たわる足場まで下りてゆき、
少し歩いているとガイドさんが突然、飛んでゆく翡翠を発見、撮影していました。
私はまったく、対応できないまま、その場を後に・・・(v_v)

再びヤマセミポイントへ
すると先程の先客の方がヤマセミの姿が見えると・・・教えてくれたので、
私もデジスコを向けますが、「えっ?どこ、どこ?」と思いながら
なかなか見つけられない〜。(__;)

双眼鏡で見ても何か白いものがある程度で姿はわかりませんでした。
二方にはファインダーを通してちゃんと見えているらしいので、
自分の視力が弱くなったかな?と思わずにはいられない・・・
何とか、ガイドさんの力を借りて撮ることができました。

「ウォーリーを探せ」じゃありませんが、
ヤマセミの姿がわかるでしょうか?
◎ヤマセミさん
20120901_02.jpg
(カメラはボケボケ覚悟で、普段は滅多に使わない最大テレ端で撮影。
光軸が望遠端では曲がってしまうのか?右側にケラレのような光量不足が生じてしまった。(>_<)
思いっきりシャープ補正しました。)


かなり遠いのと手前に葉が被さったりしているので、
風で姿が見えたり隠れたりしているので難しい条件です。
その後、ヤマセミが移動して姿が見えなくなり、
しばらく待っていてもヤマセミは来る気配はまったくありません。(×_×)

もう少しあちらこちら歩いてみたい気持ちもありましたが、
お昼も近いこともあり、
証拠写真でないヤマセミは次回のお楽しみに・・・(T_T)
ガイドさんに励まされながらも、退去する事にしました。

「ここが自分の家の庭だったらいいのになぁ」と
妄想にふけながら歩く帰り道。
近くにタンチョウさんが2羽来場していました。
◎タンチョウさん
20120901_03.jpg
最初、近すぎて、一羽しか入りませんでした。

少々、離れてから撮影。
20120901_05.jpg

ガイドさんの予告が的中、その後飛び立っていきました。
20120901_04.jpg
飛んでるタンチョウはデジスコではきびしいですね。
ツルはやはり飛ぶか、舞うかの動的な姿が美しいと思っているので
大きさ的にも一眼カメラの方が最適ですね。

タンチョウさん達も私を励ましてくれたのかな?
と勝手に思うことにして・・・。>^_^<

その後、センター内の展示物を少し見てガイドさんに
別れを告げセンターを後にしました。

その後、思いがけない事が起こりました。\(◎o◎)/!

それは
駐車場近くに鳥の姿が一瞬、目に飛び込んできて
先程別れた常連さんと再会し、
近くにヤマゲラがいる事を教えてくれました。

◎ヤマゲラさん
20120901_07.jpg

暑さのせいなのか口を開けています。
20120901_08.jpg

初めて見ましたが、
他のゲラさんと違い、地味だけど独特の風貌がありますね。
目先が黒いのが精悍さを増しています。
20120901_12.jpg
そんな事で今日はヤマゲラのヤマちゃんで大満足です。

さらにもうひとつ思いがけない現象があり・・・
実は先客の常連さんは、よく当ブログにコメントをして下さっていた
“雪風さん”だったという事にも
ガイドさんから聞いてびっくりした事です。

今日はいろんな意味で有意義な午前中となりました。
このようなロケーションに巡り会う事ができ
雪風さんとガイドさんに感謝してます。

これからまた、お世話になる事があるかと思いますが
その時はよろしくお願いします!
では。ヾ(^_^)BYE

〈撮影機材:KOWA TSN-774+TE-17W+CANON PowerShotS100+他〉
▼励みなりますのでお願いします。
 
にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村
ありがとうございました。

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

nobirdy

Author:nobirdy
デジスコやデジ一眼で道東の野鳥や自然を撮影しながら週末を楽しんでいます。♂

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード